びくったちゃんの知っておいてね。TOP ≫  日記 ≫  さすが鮮人孫正義

さすが鮮人孫正義



ソフトバンクの吉田晃一なる人、根性ありますね。

北尾吉孝といえばSBIを造った人でしょ?
こいつは確か華僑とのパイプの太い奴でしょ。
ソフトバンクにはかなりの、元野村の人間が多いって聞くし、株価を吊り上げるのはこいつらの常套手段。

朝鮮帰化人孫も投資家をきどって、リップルウッドとグルになってボーダフォン乗っ取りついでに四兆円もの日本人の税金を破綻処理につぎ込んだ長銀で、1000億もの利ザヤを貪った盗賊リャンバン朝鮮人。
このとき孫とただならぬ仲だった管直人は孫から「あと10年総理大臣やってくれ」といわれ、有頂天になっている馬鹿。
日債銀とあわせれば7兆円もの税金を破綻処理に投入させたのも管直人。
この盗賊帰化朝鮮人同志で、今度は日本の通信網だけでは飽き足らずエネルギー政策にまで口を出す始末。
何で東京地検は摘発しないのだろうか??
管は馬鹿だから墓穴を掘るだろうけど、孫の場合、あきらかに詐欺、背任なのはわかっているのに・・・。

ということで、その真相が載っている記事を見つけたので転載します。
この吉田晃一さんこんなとこに就職しただけでも根性あります。
でも朝鮮人を信じること自体が間違っているんです。

日本には昔から格言があるんです、嘘つきは朝鮮人の始まりっていうのが。
ソフトバンクはこの際解体。
この際だから密入国の遡及法を立法し、時候取り消し、帰化取り消し、シナ朝鮮は全員国外退去、元野村の人間は全員逮捕し、日本国籍剥奪し追放しろ。


ソフトバンク社長 孫 正義 の悪事
 私はソフトバンク株式会社(店頭登録)の株主軽視の経営実態をここに告発したく、電子メールを差し上げます。経営幹部による、いい加減な経営、会社の私物化により同社は瀕死の状態ですが、巧みなマスコミ対策によりそれが明るみに出ていません。
 私はこれらの実体を告発すべく昨月、エール出版社より「内部告発・ソフトバンク歪んだ経営」という本を出しましたが、会社側は誰が書いたのかと犯人探しに躍起で、姿勢を正そうとしません。そこで皆様のお力をお借りしたい次第です。

 同社の所在地は、東京都日本橋箱崎町 24-1 
        電話(問題の財務部)は、03-5642-8004 です。
 創業者である社長は、孫正義(そんまさよし)。
吉田晃一(現役社員であるため仮名、匿名メールであることをご容赦下さい)


 少々長いですが、まず同社の背景から、そして彼らの悪事を説明させて下さい。
(ソフトバンクの概要)
 同社はパソコン用ソフトウェア卸売業(国内一位)とパソコン関連書籍の出版業を行っており、約三年前に株式を店頭公開しました。多額の新株発行と社債発行により約 5,000億円もの資金を調達し、米国企業を買収して成長性を誇示してきました。
 現在、同社の株価は 6,000円弱、時価総額は 6,000億円弱で、株価だけから見れば大企業になっています。
 同社の創業者・社長の孫は、MACという自分の有限会社を通して同社の発行済み株式の約半分(約 3,000億円相当)
を持っています。MACはソフトバンクの買収後の採算向上のため、買収先の不採算部門を買い取っています。買収資金はソフトバンク株式を担保にした銀行借り入れとなっています。
(悪事1:背任)
 
-裏給与
 同社には、北尾吉孝常務取締役、中西宏之財務部長を始めとして、元野村証券の社員が7人います。彼らが高給の野村証券から、ここ二年間の内に次々と同社に移ったのは、ソフトバンクからの給与に加えて支給される「MACからの裏給与」が目的でした。
 裏給与の年額は、北尾が約 2億円、中西が 7,000万円です。更に北尾は、野村証券から戻ってこないかと声が掛かっていると孫に言い、引き止め料 10億円をせしめました。中西は裏給与を元に白金台に一戸建てを建て、ベンツを購入しました。橋本太郎も億ションを購入しました。
 北尾住所:新宿区市谷山伏町 2-8-901
 中西住所:港区白金台 2-23-14 電話:03-5449-1496
 橋本住所:文京区小石川 3-27-16 フォルム小石川 1101号 電話:03-3812-7901
-70億円の社長社宅‥‥ ● (証拠資料−1)
 先週号のフォーカス(BEST号)にも取り上げられましたが、MACが建築主として孫一家(四人)が住む「社宅」の完成が間近です。土地の取得に 30億円、建物に 30億円、内装に 10億円です。
 社宅所在地:港区麻布永坂町 1-72
-あのケビン・コスナー(米国人俳優)に ぽんと10億円‥‥ ● (証拠資料−2)
 俳優のケビン・コスナーに MACは 1,000万ドルを貸しています(平成 8年 3月 25日)。これは同氏がアメリカの砂漠に建設するカジノの資金に充てられるものです。貸付期間は 10年間、利息は短期プライムレートで、元利は満期時に一括払いという破格の条件です。
 貸した理由は、同氏とは友達だからということです。友達といっても、一回しか会っていないのですが。
-30億円の自家用ジェット機
 まだ手付け金の 2億円しか払っていませんが、自家用ジェット機購入の契約を済ませました。
-孫社長も 10億円
- 1 -

 孫社長は、昨年 12月 27日に 1億円、今年 1月 21日に 9億円、MACから借り入れています。(しかしこれが全部ではないはず)
-なぜこれらが背任なのか?
 MACは前述した赤字事業の買収やソフトバンク株の買い支えのために、既に 700億円もの銀行借り入れがあります。
もう銀行も貸してくれません。そこで孫らは、株式公開企業であるソフトバンクが稼ぎ出した資金や銀行借入れを、昨年の 10月 31日からMACに対して「無利息」の「立替金」として供給し始めました。このような違法な資金供給は、ピーク時には「163億円」(平成 9年 4月 10日)にも達しました。この違法性は、8月 8日付けの日経金融新聞でも指摘されています(会社側は少額で短期間だから違法ではないと主張)。
 これら裏給与や豪華な社宅等々は、ソフトバンクから違法に支出されているのです。言い換えれば「株主の懐から」かすめ取っているのです。
(悪事2:株価維持のために社員を借金地獄に) ‥‥ ● (証拠資料−3)
 ソフトバンクは平成 8年 3月期の業績を基準として、報奨という名の下に、課長以上の社員・役員に借金を負わせて同社の株式を大量に買わせました。
 仕組みはこうです。それぞれの社員・役員の貢献度合いを金額に換算します。社員らは、その金額相当のソフトバンク株式を MIC(前述 MACの子会社)から購入し、MICはその購入資金を社員らに貸し付けます。金利は 3%です。合計124人の社員らに対し、当時の株価で 95億円の株が売りつけられました。株価は上がるから売却益を得られる、というのが会社の説明です。
 しかし単なる「有価証券担保ローン」であるのは明白です。
 株価は下落を続け、現在 4割程度の「含み損」が発生しています。
 会社側はようやく事の重大さに気が付きましたが、打つ手がありません。対象者の中には退職する者も出ましたが、ほっぽりっぱなしです。
 この制度は北尾が考えたものですが、目的は「株の買い支え」です。従業員に借金をさせて株を買わせることにより、株価を支えるのが目的なのです。
 驚くべき事は、この企てに弁護士も関与していたことです。森総合法律事務所(ご存じだと思います)の小林啓文弁護士です。同氏は規定を自らワープロで打つなどして深く関与しました。
(悪事3:セクハラ)
 大金持ちの北尾は 45才です。北尾の女子社員への口説き文句は「わしの嫁さんは三回も子宮を手術したから、子供が産めん。子供の産めない女とのセックスはつまらない」と、札がつまった財布を見せながら「わしはまだ若いし、金もある」です。男性社員には、実際にやったという女子社員の名前を吹聴しています。
 実際に女性社員とそういう関係になったのかは確認できませんが、これらの口説き文句を使っているという事は女子社員に聞いていますし、奥さんのことは別の機会にも本人から聞いたことがあるので事実だと思います。
 裏給与や借金地獄に加え、いい加減な経営自体を内部告発本に書きました。しかし会社がそれに対して起こした行動は、これらの問題点を解決しようというものではなく、犯人探しだけでした。残念ながら、立ち上がろうという社員はいないのです。出版社を相手取って、4億円の損害賠償を求める民事訴訟も起こしました。全く、反省の色なしです。
(お願い)
 ソフトバンクを健全な状態に戻すには、北尾吉孝を始めとする元野村証券社員を排除し、孫社長に反省を促すしかありません。残念ながら私たちは非力で、これらのことを行うことはできません。是非皆様のお力で実現できればと思い、ここにお願いの電子メールを致しました。
 よろしくご配慮の程をお願いいたします。
吉田 晃一
 【追記】
 ベンチャービジネスの旗手として華やかに表舞台で脚光を浴びている 孫 正義 氏だが、意外と裏では驚く程の俗っぽい経営者ではないかと思わせる告発であり、文中に書かれている通り、エール出版社から発行されている「内部告発 ソフトバンク 歪んだ経営」や、本年8月8日付、日経金融新聞に MACの業績・概況は詳細に記されている。
 しかし、敢えて当会ホームページにEメールで告発してきた、吉田氏の意志を汲み取り、公開することにしました。
--------------------------------------------------------------------------------
8月23日
告発者 吉田 晃一 氏からの再度のEメール
 早速私の電子メールを公開いただきありがとうございます。
 私たちも頑張ります。私たちの動機は北尾たちに対する私怨の部分もありますが、「株主からの立場」で行動される皆様と目的は同じように思われます。
 是非、是非、会社の外からも「北尾らを倒す」お力添えをお願いいたします。
 毎度電子メールで失礼いたします。
- 2 -

吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
8月26日
ソフトバンク(株) への更なるEメール告発
 以下は、本日(8月25日)に「借金地獄のインセンティブ制度」の対象者(123名)に送った電子メールです。ご参考までにお送りいたします。
 何とぞ、元野村追い出し、制裁にご協力下さい。
----------------
ソフトバンク幹部社員・役員の皆様
 北尾吉孝常務や中西宏之部長を始めとする元野村社員の悪事を、ある団体のHPに載せて頂きました。
http://www.iijnet.or.jp/rondan
みなさんは、いつまで黙っているのですか?。
 元野村の連中による会社の乗っ取りや、いいかげんな経営は、見解の相違ということで済ませるのもいいでしょう。
 しかし、みなさんを借金地獄に陥れた「インセンティブ制度」は、何度も申し上げているとおり、北尾吉孝が小林啓文弁護士と「策略」したものです。目的は、ご存じの通り、株の買い支えです。会社に貢献している「みなさんを利用」したわけです。
 この点について、納得が行く説明を受けましたか?
 123人が 95億円相当の株を借金を負わされて買わされ、今やその株の価値は 50億円足らず。一人平均「4,000万円の含み損」と、「300万円の未払利息」が発生しているのです。この制度が大問題なのは、去年限りで制度が取りやめになったことからも明白でしょう。
 孫さんが何とかしてくれる。そんなことを考えられているのでしょうか? 残念ながら、社長は我々の本に書かれた「事実から目を背け」元野村の連中と一緒に、本を書いた犯人探しを行っているだけです。これではインセンティブは、会社ぐるみの「詐欺行為」と呼ばざるを得ません。
 黙っていたら、身の破滅なのです。
 問題点を熟知していた中西(裏給与で白金台に豪邸とベンツ)が言っていました。
「頑張った人ほど、自己破産」成績優秀者ほど、偽りのインセンティブの金額(イコール借金)が大きく、自己破産に近いということです。みなさんが築いてきた財産や家族も、自己破産したらお終いです。家族もろとも「路頭に迷う」のです。
それでも平気ですか?
さあ、みなさん立ち上がって下さい。
 我々もここに止まらず、更にマスコミや各種団体に働きかけて、北尾を始めとする元野村の連中を追い出すことに全力を傾けて参ります。
 私たちの目的は、ソフトバンクの破綻にあるのではありません。北尾らを追い出し、社会的制裁を与え、会社を正常に戻すのが唯一の目的です。痛みを伴うことになるでしょうが、一緒に頑張りましょう。
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
9月6日
ソフトバンク(株)の犯罪行為「風説の流布」
 早速の資料の掲示ありがとうございました。
 ● ソフトバンク一部上場の記事は、「風説の流布」です。北尾が苦し紛れにとうとうやりました。
 これは孫社長の了解の下、株価を上げるために、北尾吉孝常務のアイディアにより仕組まれたものです。これにより、株価は一気に 6,000円に暴騰しました。
 一週間ほど前、株価が一瞬 4,600円の超安値を付けたときに、「あうんの呼吸の日経新聞」の記者を会社に呼びつけてこの記事を書かせたのです。とは言っても、北尾や中西も風説の流布が犯罪であることは知っています。それを避けるためのアイディアが、新聞社の憶測記事の形を取ることでした。
 記事を読んで頂ければ、記事の出所を示すことは何一つ書いてありません。会社も日経も責任を取らないで済むような形にしたのです。これは中西のアイディアです。 その場に居なかったのでわかりませんが、日経の担当記者は多分「会社の言いなりの花見記者」と思われます。
 株価の下落に苦しむソフトバンクは、細々としたくだらないことを花見に記事にさせてきました。IR室を作り中西が責任者になる、ZD Netという新しいインターネットのサービスを始める、インターネットプロバイダー・サービスの拡張など、取るに足らない記事を書かせてきたのです。もちろん、こんな記事が株価に好影響を与えるはずはなく、ずるずると株価が落ち続け、今回の「犯罪行為」に至ったわけです。
 東証と会社の広報にお問い合わせ下さい。私が申し上げていることが嘘ではないことがお分かりになります。東証はノーコメントでしょうが、広報は北尾の指示により「憶測記事だ」と言うことになっています。
 又聞きですが、東証も会社の意図を察知しており、「10月中の上場はなくなった」ようです。
 以前から北尾は「うちの株主はバカだ」、「株価が落ちて文句を言うくらいなら株を買うな」と言っていましたが、とうとうこんな暴挙、犯罪行為に走ったのです。
 株主の皆様にも申し上げます。北尾、中西に天誅を下すときが来ました。ソフトバンクの社員は、情けないことに意気地なしで立ち上がろうとしません。みなさんのお力が必要です。
 以前の電子メールで書き忘れましたが、北尾吉孝の自宅の電話番号は、03-3266-8940です。いくら会社の広報に苦情を言っても無駄です。単なる会社の使用人の広報担当者が北尾に言われたとおりのことを繰り返すだけです。
 北尾も中西も裏給与で大金持ちですが電車通勤ですので、直接苦情を言われるのもいいと思われます。ちなみに、北尾は子供ができないと北尾が言いふらしている嫁さんと二人暮らし、中西は妻と二人の娘と白金台の豪邸に住んでいます。
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
9月13日
ソフトバンク(株)の近況報告
論談同友会様
 裁判までも追って頂きありがとうございます。
 会社内部での反応,言動をお知らせしたいと思います。
 かなりの社員が貴会のホームページを見たようですが,「ああ,出てる」といった感じで,新たな会社に対する批判の声は出ませんでした。ただ,ケビンコスナーに10億円を貸しているということから,去年コスナーが来日時わざわざ会社に来たことの謎が解けたようです。
 北尾は,「こんなもの誰も見ん」「その証拠に株主から一つも電話が来ない(これが本当かはわかりません)」「社内の奴がおもしろ半分に見て,カウンターを上げているだけだ」でしたが,彼がサインをしたインセンティブ契約書が載ると,「こわっぱどもめ。つぶしてやる」でした。このこわっぱは,我々のことだけなのか,貴会を含めて言っているのかは分かりません。北尾のこれらの言動は,全て財務経理部の社員の前でのものです。
 川島克哉(元野村・現在SBネットワーク取締役)が何人かに以下のようなことを言っています。先週,貴会の「代表」と名乗る男性が面会に訪れた。中西と二人で対応したが,その男は二十歳代で,簡単に追い返した,とのことです。事実だとしても作り話だとしても変な話ですが,この通りに言っています。
 中西はSMクラブ通いが復活しました。内部告発本が出てしばらくはひかえていたようですが。五反田に行きつけの店があります。中西は以前,SMクラブが飲食店名で発行する領収書を使って,会社から交際費としてお金を引き出していました。しかし,当時の経理課長にたしなめられ,北尾に注意されたという経緯があります。
 以上簡単ながらご報告いたします。
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
9月16日
吉田 晃一 様へ
 近況報告文中に「当会会員が貴社を訪問し、川島 克哉 氏に面談したとの事」ですが全くの事実無根である事を申し述べておきます。
編集部
- 4 -

--------------------------------------------------------------------------------
9月18日
孫 正義への10億円流出について 孫自身のコメント
 私もソフトバンクの一社員です。匿名での投稿をご容赦下さい。吉田晃一が言う社長への10億円について補足したく電子メール致します。
 内部告発本にある通り,平成8年12月27日に1億円,今年1月21日に9億円が,ソフトバンクから孫の個人会社である MACに「立替金」として支払われました。それと同時に,孫は第一勧銀 麹町支店に同支店内で「二つ目の個人名義の口座」を作り,この新口座に10億円を振り込ませました。既にある口座を使わずに,なぜわざわざ新たに口座を開いたのかは分かりません。
 以下の英文は,本に書いてある立替金のうち10億円はあなたのポケットに入ったのではないか?,と孫に電子メールで聞いた時の「孫の回答」です。「自分の会社の金だから,どうしようが自由じゃないか」とでも訳せばいいのでしょうか。これらの行為が「商法違反」である事を知らないほど「バカ」なのか,それとも確信犯なのでしょうか。
 英語でやりとりをしたのは,発信者の身元がばれないようにアメリカのホームページ経由でやりとりをしたためです。
From: mson@softbank.co.jp
To: ********@hotmail.com
Subject: RE: Press conference
Date: Thu, 7 Aug 1997 01:15:56 +0900
I have made a loan from MAC to myself at the end of the year or Jan.
this year for \1B.
I don't understand what is wrong about it.
MAC is 100% owned by myself. I can make a loan to myself without any problem legally.
I decided to disclose anything about MAC to press and analysts.
I can disclose about the loan to myself from MAC at any time.
I don't remember well but I may have already disclosed about it at today's press meeting.
I have answered everything that people asked about MAC today.
I can disclose anything about MAC anytime.
If you say you care about SB, that is good.
SB is my life.
I love SB at least 1,000 times than anybody.
--------------------------------------------------------------------------------
上記英文の日本語訳(編集部)
 私はその年の年末、または1月に MACから\1B(10億円)の融資を受けました。
 私にはそれのどこがいけないことなのか理解できません。
 MACは 100%、私が所有しています。私は法律的に何等問題なく、自分自身に対して貸し付けができます。
 私は報道関係者やアナリストに対して MACに関してどんなことでも公にする決心をしました。
 私はいつでも MACから私自身への融資について発表することができます。
 よく覚えていませんが、すでに今日の記者会見でそれについて述べたかもしれません。
 私は今日、MACについて人々が尋ねた質問には全てお答えいたしました。
 私は、いつ何時でも MACについてなんでも公にすることができます。
 貴方が SB(ソフトバンク)のことを心配するとおっしゃるのは、結構なことです。
 SB(ソフトバンク)は私にとって人生そのものです。
 私は他の誰と比べても 1,000倍以上、SB(ソフトバンク)を愛しています。
--------------------------------------------------------------------------------
 この文にもある通り,孫の電子メールのアドレスは,
  mson@softbank.co.jpです。
 ちなみに,吉田が言う「犯罪人達」のアドレスは,
  北尾が,ykitao@softbank.co.jp
  中西が,h-nakani@softbank.co.jp
  橋本が,thashimo@softbank.co.jp
  川島が,kkawashi@softbank.co.jp  です。
 中西だけ少し違うのは,以前何通かイタズラメールを入れられて,怖じ気づいて変更したからです。
 これ以外の孫とのやりとりは,追ってご紹介いたします。
匿名希望
--------------------------------------------------------------------------------
10月3日
- 5 -

大蔵省、日銀に虚偽の届け出
 匿名メールでの投稿をお許し下さい。
 初めてメールしますが、私もソフトバンクの一社員です。
 以前から言われている通り、管理本部(旧財務経理部)には野村から来たあの北尾や中西がいるのですが、会社の私物化は度を増すばかりで相変わらず全く反省の色が見えません。
 社内では吉田さんの勇気ある行動を賛辞する声が圧倒的に多いのですが、表向きには北尾たちからのいやがらせが恐くて何もできないのが現状です(実際に社員や元社員に尾行をつけたり、自宅の電話を盗聴したり、執拗ないたずら電話で家族を攻撃したりと、会社の金を使いそんな愚かしいことを繰り返しています)。
 実は私は暴露本を始めとする一連の告発の中で 、吉田氏への情報提供を理由に左遷された(人事通達には秘密漏洩につき就業規則違反、降格に処すとまで掲示されました)のですが、一方で同じ財務課の課長代理であった工藤という男は、北尾の「犬」に徹することで評価され、この度10月1日付で課長に昇格したのです。
 この男は東洋信託時代にソフトバンクを担当していたのですが、当時から北尾の機嫌をとることばかりに一生懸命で、銀行員としては全く無能な人間でした。東洋信託で使い物にならなかった
 工藤はシティバンクに転職するも、わずか半年でクビになり北尾に泣きついて入社してきたのです。
 ところが、なんと工藤の年俸は1千万円(社内の賃金規程の倍額)、しかもわずか3分間の面接で北尾が独断で決定したのです。これは当時面接に同席した人事課長がさすがに頭に来たらしく、みんなに言って歩いていたものです(それはそれで相当問題だと思いますが)。
 実際の彼の仕事振りについては予想どおり論外で、金融機関に十年も勤めたとは思えないほどの無知・無能、おまけに北尾の皮をかぶってえばり放題、日々周囲から失笑とひんしゅくを買っていますが本人は気付いていません。
おまけに最近の情報では彼の年俸は1千5百万円に上がったそうで、もはや言葉も出ません。
 私に限らず、関連会社も含めた社員のモチベーションは低下の一方です。
 現在中間決算の最中ですが、今期も為替の益出しによるインチキ決算(当社の営業外利益における為替差益は、毎度為替予約の前倒し実行による意図的なもの)で、この会社もいよいよ終わりかなという気がしています。ちなみに今後訪れる社債の償還や買収資金の残額支払資金については、現状全く調達の目途がついておらず、財務部長の中西と財務課長の工藤はとりあえず当座貸越の枠を利用するなどと寝ぼけたことを言っています。
 こんな会社が東証一部に上場していいのでしょうか?
私の経験では、大蔵省や日銀は虚偽の届出においていとも簡単にだませてきました。せめて東証だけにでも厳正に審査して欲しいものです。
 また、中西の指示を受けた工藤が休日や平日の夜に、社員の机の引き出しやメールをチェックするなどの行為をしていることも社員のみんな知っているのでしょうか?
 私は良心も互いの信頼関係も完全に失ったこの会社が再生するなどもはや不可能だと思っており、近々転職するつもりですが、過去の償いの意味からもせめて社の内外の皆さんに正確な情報を伝えていくことが、残された使命だと思っています。
匿名希望
--------------------------------------------------------------------------------
10月5日
ソフトバンク(株)と野村證券の秘密の事情!
田淵時代の損失補填実行部隊、重要機密資料を持ち出す!
論談同友会様
 匿名希望での投稿がありましたが,社内では相変わらずです。
 中西が血迷ったことを言っていたので,お知らせします。
 ソフトバンクがここまでになれたのは,「無茶で大量な新株・社債発行」を引き受けてきた投資家がいたからです。
得た膨大な資金で企業買収をして成長性を誇示してきました。
 その資金調達に活躍したのが,あの「野村證券」です。しかし,いくら野村の販売力を持ってしても,なかなか売り切ることはできません。地方の「弱小金融機関」にはめ込んだり(証券業界では顧客に売り付けることをこう呼ぶようです),売れ残りは自社グループで引き取ったようです。
 なぜここまで野村證券が協力したのでしょうか。
 中西が「野村證券の弱み」を握っているからです。
数年前,野村證券による顧客への「損失補填」が大きな問題になりました。当時,社長直結で「損失補填の実行部隊」だったのは,北尾,中西,川島の三人です。この三人が損失補填の方法や金額を決め,田淵社長の下で損失の補填を行っていたのです。その後,当局の調査が北尾らに及ぶと,田淵は北尾をアメリカの関係会社(ワッサースタイン・ペレラ)に出向させ,北尾に対する調査をかわしました。北尾はこのコンサルティング会社にいたことに触れて,自分が企業買収のプロのようなことを言っていますが,裏ではこんな事があったのです。
 損失補填先は新聞等で詳しく報道されましたが,それが全部ではありません。野村は特定の顧客との信頼関係維持のために,隠すべき企業は隠し通したのです。
- 6 -

 損失補填部隊が解散し,両田淵が野村を去ると,「北尾らは冷遇される」ことになります。しかし抜け目のない中西は,「損失補填の重要資料」を持ち出したのです。「公表されなかった企業名」は,これらの資料の中にあるとのことです。中西が日興証券の担当者に得意そうに言っていましたが,企業名が公になれば野村や補填先が「ひっくり返るほどの騒ぎ」になるとのことです。
 これらの資料は,中西の「自宅の押入れ」にあるとのことです。
 野村證券はこのような弱みがあるため,北尾・中西がいるソフトバンクを無下にできないのです。
以上の話は一年位前に中西から直接聞いた話です。
 中西が血迷ったというのは,これらの資料を「マスコミに公開」すると言っていることです。なぜそのようなことをしようとしているのかは,分かりません。これを公開すれば,ソフトバンクと野村の仲はお終いです。大和や山一が株価を支えてくれるわけもありません。
 原因として考えられることが一つあります。以前から,中西は孫と仲が悪いのです。「顔を見る度にむかつく」「あいつには日本語が通じない」などを,中西は以前から孫の陰で平気で言っていました。最近,「資金調達がこれ以上無理」だという事を中西が孫にはっきり言ったとき,「孫が中西を罵倒」したそうです。北尾が間に入っているので,大事には至ってないと聞いていましたが,私が思いつく原因はこれだけです。思い当たる企業は,一度中西に連絡を取るといいでしょう。
(自宅:03-5449-1496)
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
10月12日
ソフトバンク(株) 資金ショートで来春重大危機に直面か?
 日経ビジネス10月13日号「孫流拡大路線に暗雲」!
 会社側コメントに告発者 吉田晃一氏が怒りの反論
編集部
 日経ビジネス10月13日号には驚かされた。
 「ソフトバンク(株)の行方」の表題で、サブタイトルには「孫流拡大路線に暗雲」としてソフトバンクが急成長したその裏には大きな「負の遺産」を引きずっていると指摘。この負の部分が致命傷になるであろうときわめて断定的に書かれている。
 しかも12ページにおよぶ特集扱いである。
 何に驚いたかというと、日経ビジネスの親会社である日本経済新聞が僅か1ヶ月前の9月2日、ソフトバンク(株)が東証二部を追い越していきなり「東証一部へ上場か!」との見出し で大きく報じていたからだ。
 ところがこれがソフトバンクと日本経済新聞の記者が仕掛けた、いわゆる "風説の流布" であり株価も極めてそれらしい怪しい値動きを見せたのである。
 事実、今日に到っても一部上場どころか拡大路線が招いた "資金ショート" でソフトバンクの行方に一大危機がしのびより、倒産という二文字が見えてきたと告発者は憂う。
 日経ビジネスがソフトバンクを真っ向から斬っているのは、日本経済新聞記者の "風説の流布" を掻き消すためなのか、それともジャーナリストの良心が働いたとでもいうのか?
 いずれにしても、当ホームページに寄せられた告発は「問題ありき!」として、その全文を10月7日、証券取引等監視委員会(SEC)と、東京証券取引所上場審査室へ提出したのである。
 さてソフトバンク(株)の孫正義社長であるが、ベンチャー界の旗手として、あるいは日本の新しい経営者像などと一部ジャーナリストに誉めそやされている。
 その人物像を表す一つとして昨年9月10日、あのロッキード事件で名を馳せた、立花 隆氏のインターネットホットニュースの「同時代を撃つ」というコーナーで、『特別企画、電脳対論3 VSソフトバンク・孫正義社長「テレビ朝日株取得は単なる中間点」』とのタイトルで立花氏と孫氏が対談を行っている。
《立花》 今、ソフトバンクは2千数百億円ものファイナンスがあって、高い株価を背景にした資金の調達方法は "錬金術" とも呼ばれている。現在のような拡大路線には限界がくるのではという声もありますね。
《孫》 1年半前のソフトバンクは960億円の売り上げで現金利益が45億円程度しかありませんでした。しかし来年は売り上げは5000億円を超え、キャッシュフローの現金利益は800億円になります。抱えているファイナンスは、その約3倍に過ぎない。たとえば年収 1000万円の人がいる。この人が、必要経費を引いて、貯金できるカネが200万 円あるとします。その彼が600万円の家を買うといったら、誰が驚きますか。それと同じことなんです

《立花》グループ企業を隠れ蓑にして、結構、帳簿の操作をして赤くなるものも黒にできるじゃありませんか。
《孫》いえいえ、帳簿操作は特定の会社が黒字で、残りが赤字というときにできる操作です。全部を黒字にするなんて、とてもそんな操作はできませんよ。

(中略)

《立花》 何年か前、あなたは自分の会社の売り上げを、早く豆腐みたいに1丁(1兆)、2丁(2兆)と数えたいといっていた。それはいつ可能ですか。
《孫》 1兆円とか2兆円は、目をつぶっていてもいけるんです(笑)。私が考えているのは300年先のこと。カネなんて残したって3代目までで90%は相続税で持っていかれる。カネはビジネスのモチベーションになりません。
事業を通じて世の中の人に喜んでもらうことが、ぼくにとっての「究極の自己満足」。これが動機づけなんです。と孫氏は豪語していた。
- 7 -

 また、本年10月7日、産経新聞(朝刊)にインタビュー記事として「戦わずして陣地を広げるのは、孫子の兵法で言えば上の上、刃を交えて勝つのは中ぐらいで、負けるのは言語道断!、血を流さずに陣地を広げることが出来ればこれに勝ることはない!」と言い放っている。
 ソフトバンク成長の裏での危機は果たしてないと言い切れるのだろうか?日経ビジネスの記事に告発者の吉田晃一氏が鋭く更なる追い打ちをかけている。
 あの孫正義氏が経営するソフトバンクの心臓部の血管に動脈硬化を起こしかけているのでは? そして、じわじわと血がにじみ出てきてもいるのでは?!
 今回は、日経ビジネス記事を吉田晃一氏がどのように糾弾しているかを記事と対比させながら "ソフトバンクの負の遺産" を検証し、質してみたい。
--------------------------------------------------------------------------------
論談同友会様
 以下は日経ビジネス10月13日号がソフトバンクの特集を行ったので同社の編集部へ送ったコメントです。ご参考まで。
日経BP社
 徳田 潔 様
 北沢 千秋 様
 ソフトバンクの行方を読みました。
 外部からの取材で書かれているわけですから,突っ込みが足りないのはしょうがないことですので,若干記事に補足させて下さい。
「今期の業績予想を下方修正する必要があるかもしれない」(北尾)(P23)

日経ビジネス、P23
 「今期(1998年3月期)の業績予想を下方修正する必要があるかもしれない!」とソフトバンクの財務責任者の北尾吉孝常務が僅かに表情を曇らせながら、大型買収の立役者で強気一辺倒の姿勢を貫いてきた北尾常務にしては珍しく弱気とも受け取れる答えだった。
 業績下方修正は右肩上がりの成長を続けてきたソフトバンクにとって縁のなかったものである。
 これは予定通りのシナリオです。今期の税引後利益予想は95億円と発表されていますが,当初,経理からの数字では「たったの70億円」でした。こんな数字を発表しては「株価が暴落するとの北尾の配慮」から,前期と同水準の95億が出てきたのです。この「差額25億円の穴埋め」を,当初北尾は「MACに売上を建てる」ことで行おうとしていました。しかし,内部告発本が出たことにより,万が一穴埋めがばれたことの影響を考えて,業績下方修正を選んだのです。
MACの切り離しを決断した (P24)

日経ビジネス、P24
 孫氏と北尾常務は、MACの「切り離し」を決断した。
 切り離しとは、赤字部門、為替リスクの引き受けの2つの役割をやめ、ソフトバンク株保有以外の関係を全て断ち切ることを意味する。
 切り離しの方法自体は単純だ! 買収時に引き受けたジフデービスなど本来帰属するべきグループ企業へ資産や社員などを戻す。
 MACの切り離しは不可能です。去年の段階で既に検討済みです。
その理由は:
 MAC経由の米国子会社への貸付金を精算すると,MACで200億円以上の為替差益が生じ,「法人税等が120億円」程度発生します。これは円安の進行により,MACから米国子会社へのドル建て貸付金に為替差益が発生しているからです。
 貴誌の指摘の通り,MACが買収した「赤字部門の赤字の巨大さ」です。昨年3月のジフデービスの買収から12月までのたったの10ヶ月で,ソフトバンクが買収したジフの黒字部門は赤字部門に対し,「約5千万ドルの現金の補填」を行っています。
 その場を取り繕うために,実現不可能なことを北尾は平気で言うのです。
「連結ベースで見れば税負担が130億円軽くなる」(北尾)(P24)

日経ビジネス、P24
 ソフトバンクが MACを迂回した長期貸し付けで得ていた金利収入という形の米国からの「利益吸収」がなくなるため「連結決算のベースで見れば、税負担が130億円程度安くなる」(北尾常務)
 日経金融新聞では100億円とありましたが,これも「全くの嘘」です。
- 8 -

 MAC経由の貸付を解消し,ソフトバンクからの直接の出資にし,海外からの利益を吸い上げないことにより,貸付金利息に対する課税がなくなるという意味ですが,嘘です。
 利息というものは支払い側では費用となっているため,利息の支払いがなくなれば,当然支払い側の「アメリカで法人税が増える」のです。従って,連結決算で見れば「とんとん」なのです。
 こんな「見え透いた嘘」をつかなければならなくなってきたのです。
MACの借り入れについて,「株価が多少下がっても担保割れはない」(北尾)(P24)

日経ビジネス、P24
 「MACが持つソフトバンク株の簿価は165円、株価が多少下がっても担保割れなどという事態は生じない。それに借入金返済の計画もできつつある。
 1つ目はソフトバンクグループへの事業部門売り戻しで得る資金を使う。
 2つ目は人材派遣会社のパソナ、ソフトバンクなどMACが株式を保有する企業の公開による売却益。
 3つ目は MAC保有の本体への売却だ。
 MAC問題が取りざたされるようになっても銀行から特に何も言ってこない。」
 MACのソフトバンク株担保による借り入れの,担保の掛け値は「50%」です。704億円の借り入れがあるということは「1400億円相当の株が担保」になっているのです。現在,ソフトバンクの時価総額は5000億円弱なので,「発行済み総数の約三分の一」が「借金の担保」になっているのです。こんな公開会社は他にあるでしょうか?しかも700億円も借りておきながら,「借金返済の計画もできつつある」(北尾)とは何事でしょうか?今まで「返済計画もなく」借り入れを繰り返してきたという事でしょうか。
マイクロソフトの要望に応えて,不良在庫をすぐに処分した(P25)

日経ビジネス、P25
 今年3月、最大手のパソコンソフト供給元であるマイクロソフト(日本法人)の幹部が「不良在庫は速めに処理して下さい」と孫社長に要請。
 不良在庫というのはパソコン向けゲームソフト関連で発生していた在庫のこと。業界関係者の多くは売れると見込んでいたが、期待したほどには行かなかった。
 ソフトバンク(株)もこの問題に関しては気づいていたのですぐに手を打って事なきを得た。
 不良在庫の処分損は,損益計算書のどこに計上されているのでしょうか?連中が言うことを鵜呑みにしてはいけません。突っ込めば,必ずこのように「つじつまが合わない」ところが出てくるのです。
 不良在庫の処分などは特別に行われていません。「不良在庫専用の倉庫」も,内部告発本で書いた通りまだちゃんとあります。
 たった三ページでこんなに「嘘」があるのです。これ以降のページにある嘘は,いずれまた書きます。
 ところで,元社員が内部告発本を書いたとありますが,誰が言ったのですか?元社員が書いたのならば,4人もの現役社員が「降格されたり飛ばされたり」はしなかったでしょう。北尾らが元社員と強調するのは,本が辞めた社員のやっかみで書かれたと強調したいからです。
ソフトバンクは来年早々につぶれる。北尾達も逃げに入った。
 サブタイトルの「孫流拡大路線に暗雲」ですが,遅くとも来年の春頃には「資金繰りがショート」し,ソフトバンクは「倒産」するでしょう。P29に「大和作成のいい加減な資金繰り表」が載っていますが,これにはキングストンの買収資金「400億円の支払い」や「MACの赤字の補填」が入っていますか?「孫の豪邸建築資金」の残り「15億円」は入っていますか?
 北尾や中西を始めとする元野村の連中は,「最悪の事態」を見越して,「裏給与」などの「多額な一時金」を取ったり,関連会社の役員を兼務して「自分の収入を確保」しているのです。北尾の今年の「年収は13億円」は下らないでしょう。これには野村證券に戻らないという「引き止め料」10億円も入っています。 ソフトバンクがつぶれて一番不幸になるのは,インセンティブという名目で,去年「株を買わされた社員達」でしょう。彼ら123人には合計で「95億円もの借金」だけが残るのです。
 会社を取材されたのであれば,「私がここに言っていることに一つも嘘がない」ことがお分かりになると思います。
最後に,編集長の「見事な綱渡りを見せて欲しい」とは何事ですか?ふざけるなと言いたい。
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
10月16日
「怪しげな資金」作りに協力する野村証券と第一勧銀の責任は!
論談同友会様
 私はソフトバンクの経理担当の現役社員です。
- 9 -

 匿名メールの存在を知りましたので、前々から思っていることを申し上げたいと思います。
 私も現在ソフトバンクから給料を貰って働いている人間ですし、正直言いまして恐い部分もありますが、会社に深く根付く諸問題の大きさをもはや看過できなくなりました。
 以下に述べることを側面的な情報として参考にしていただければ幸甚です。
 今社内では、やはり北尾常務を中心に犯人(英雄?)探しに一生懸命です。ところが実際は、例えば「吉田 晃一」なる人間は別にごく一部の変人でも何でもなく、不正に対して憤りを感じる社員達の総称なのです。
 社長をはじめその点に気づいている上層部がいないのは非常に残念です。
 以前からソフトバンクの資金繰りについては色々と言われておりますが、やはり一番問題なのは「返す気がない」ことだと思うのです。
 孫社長は年間の可処分所得が200万円の人が、その3倍の600万円で家を買ったら高い買い物だという人がいるだろうかとよく言います。ところが社長の用いる例と、ソフトバンクの調達とは全く違います。
 個人で家を買ったら、月々決まった額を計画的に返済していくでしょう。ソフトバンクの調達に返済計画はないのです。
 社債の償還は期限が到来すれば一括でやってきます。それまでに返済資金をプールしておくのであれば問題ないのですが、入ってきた金はすぐに使ってしまうし、財務部長の中西氏も「何でうちはあんなに金を集めたのに、こんなに金がないんだ?」などとよく口にしています。
 恐いと思いませんか?
 それと調達の協力者についていえば、やはり野村証券・第一勧銀の懲りない面々の存在を忘れてはいけません。
 調達側のソフトバンクの姿勢は論外ですが、返済見込がないことを知っていながら手助けをする、金融機関にも大いに問題があると思うのです。
 先日匿名の告発文で名前が出た財務の工藤氏によれば、第一勧銀に至っては、これまで散々「詐欺(ソフトバンクやMACの調達)の片棒を担いできた」担当者が、その業績が評価され、この度課長に昇格したというのです。
 彼は特にMACなどの「怪しげな資金」作りに、北尾常務や中西部長達と一緒になって絵を描いた人間なのです。
 ちなみにその担当者は、以前中西部長に向かって「うちの金が返ってくるとは思っていません」と言っていました。
 最初から不良債権になることがわかっていながら、融資する銀行の姿勢も問題だと思うのですが、いかがでしょうか?
 あと余談ですが、吉田さんはMAC所有のソフトバンク株のうち約三分の一が担保に入っていると言っていましたが、工藤氏によると担保掛目が50%未満の分もあるらしいので、正確にはもっと担保に入っていることになります。
 ソフトバンクの上層部に繰り返し言いたいのですが、我々は現役の社員ですよ。
 自分達の悪行をこれ以上ばらされたくなければ、全社員クビにするしかないでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
12月8日
この虫けらどもが幸せな正月を迎えるのは許せない!
論談同友会様
 北尾や中西達,元野村はとうとう「ソフトバンクから逃げ出す」ことに決めました。遅くとも来年の株主総会前までには逃げるつもりのようです。
 以前から北尾らは「総会屋」や「右翼」を怖がっていました(当然と言えば当然ですが)。ある右翼団体がソフトバンクに街宣車を廻していたときには「右翼の小僧達に囲まれた」とか「バカな株主に帰り道に脅された」とほざいていました。
 そしてこの株価の大暴落です。怒った株主が何をするか分かりません(北尾は少なくともそう考えています)。
 最近,北尾は責任回避を意図した発言や孫批判が多くなってきました。例えば従業員達を「借金地獄」に陥れたインセンティブ制度について「元はと言えば孫さんがやれと言ったこと」,「最終的には社長のOKを取った」と言っています。
 人種差別発言もあります。「孫さんは金に汚すぎた」「やっぱり韓国人だ」などです(孫は帰化しており国籍上は日本人です)。
 全ては分からないのですが,北尾が言うとおり孫から韓国系にお金が流れているのは確かです。ファックスしましたのは,「脳内革命」の春山茂雄が経営する「株式会社マホロバ」の株券です。孫の個人会社MACは,この会社の株を「10万株」持っています。中西によると,その額は数千万円で「これはちょっとやばいな」と言うことです。これは本来金庫の中になければならない株券が「中西の机の上」に置きっぱなしだったので,コピーを取っておいたものです。
 「10億円もの一時金」を受け取った北尾や,裏給与で「白金台に豪邸」を建てた中西にとっては「ソフトバンクは用済み」なのかもしれません。しかし,株主や従業員達はどうなるのでしょうか?
 この虫けらどもが幸せな正月を迎えるのは許せません。
 こんな事を思うのは私一人だけでしょうか?
吉田 晃一
--------------------------------------------------------------------------------
- 10 -

平成10年1月16日
上層部の勝利宣言か? Eメール届く!
「今日ソフトバンクが東証一部に上場しました。「ロンダン」とやらが風説の流布をしていることが明白になりました。
「吉田晃一」とやらに告ぐ。
個人宅の電話番号やメールアドレスを公開するとは、脅迫の意図以外のどういう了見なのか。
卑怯以外の何ものでもない。
名前を名のって正々堂々とやりなさい。」
発信者 不明 
--------------------------------------------------------------------------------
平成10年1月16日
ヤフー(ソフトバンクの子会社)の登録を抹消される!
 何の問題もなく Yahoo Japan の検索エンジンに登録されていた当ホームページが、ソフトバンクの内部告発を取り上げ、マスコミの話題になると同時にアクセス数も増加してきた11月末頃、なぜか突然登録抹消されました。
 まさか、ベンチャービジネスの旗手といわれる孫正義社長の指示とはとうてい思えませんが・・・・
編集部
--------------------------------------------------------------------------------
平成10年2月16日
ソフトバンク(株)とエール出版社との第4回口頭弁論のお知らせ
 第3回口頭弁論は 2月13日に終了した。
 第4回口頭弁論は 4月3日(金)午前、東京地裁521法廷で開廷の予定です。
編集部
参 考 資 料
(証拠資料−1)孫 正義 社長と鹿島建設との工事請負契約書
--------------------------------------------------------------------------------
(証拠資料−2)孫 正義 社長とケビン・コスナーとの融資契約書
--------------------------------------------------------------------------------
(証拠資料−3)ストックインセンティブプログラム
 上記の写真はクリックすると拡大できます。
 以下は、社員を借金地獄に陥れた「ストックインセンティブ プログラム」の説明資料です。上記のコピーと同一内容です。
--------------------------------------------------------------------------------
ストックインセンティブ プログラム
 本プログラムは有限会社エムアイシー(以下 会社という)が指名する者(以下 対象者という)が次の規定を承諾して本プログラムに参加することを同意した場合に発効する。
- 11 -

(目的)
 会社及び会社の親会社である有限会社エムエーシー(以下 MACという)が保有するソフトバンク株式会社(以下 SB等という)の株式の価値向上もしくは維持に貢献したと認められる場合に、会社が対象者に当社が保有する SBの株式を平成8年5月23日の終値に 0.97を乗じた価格で代金分割払いにて売却し、対象者及び潜在的対象候補者に一層会社及びMACの資産価値向上に努めてもらうプログラムである。
(貢献利益)
 会社は、対象者が 1995年4月1日から 1996年3月31日まで(第16期)の SBにおける業務に専念することにより SBの利益確保に努め、もって会社及び MACの保有する SB株式価値の向上若しくは維持に貢献したと認める場合に、本プログラムに従い SBの株式を本プログラムに定める条件にて対象者に売却する。
 SB株式価値の向上若しくは維持に貢献したと認められる度合いを貢献利益という。
 貢献利益は SBから開示を受ける対象者の個人業績に基づき当社の定める貢献利益評価方式により算定される。
(SB株式の購入)
 会社はその保有する SB株式のうち次項により算定される株式数(以下 購入株式という)を、次の条件で対象者に売却し、対象者はこれを買い受ける。
対象者は本プログラムによる購入申込を会社が定める申込期間になす。
1株当りの売買代金は平成8年5月23日の SB株式終値(当日終値がつかない場合は、その直近の終値)に 0.97を乗じた価格とする。
対象者は会社に対し、平成9年から毎年5月31日限り清算支払い回数を10回として売買代金元本総額の 10分の1(1円未満四捨五入)ずつを振込又は持参して支払う。金利は年3パーセントとして、この支払代金元本に対応する経過利息を付加して同時に支払うものとする。1回分の分割元利金は、未清算の元本を未清算支払回数で除した金額に、その元本に対応する金利を加えたものをいう。
(購入株式数の決定)
 次の通り購入株式数を決定する。
 会社は会社の定める基準により対象者の SBの第16期の貢献利益額を計算する。
 貢献利益額を、前項の規定により定められた1株当りの売買代金で除した商を2倍した数につき単位未満の株式数を四捨五入した株式数を購入株式数とする。
(株式所有名義及び権利行使)
 売買契約は購入申込から1ケ月以内の会社が定める日に発効するものとし、会社は対象者に対し、その購入株式数に対応する株券を引き渡し、株式所有名義は対象者に引渡後速やかに移転する。
 対象者は株式所有名義移転後、配当受領、議決権行使を含め全面的に株主として権利行使が出来る。
(担保)
対象者は購入株式につき SBに対し株券を添えて商法226条ノ2に基づき、株券の不所持の申し出をなすものとし、この申し出に必要な書類を会社に交付する。
会社は不所持の申し出がなされ、且つ寄託された株券につき分割売買代金支払い債務の担保として質権を設定し、対象者はこれに同意する。対象者は寄託された株券につき SBに対し会社の為に占有するよう指示するものとし、占有移転の指図書を作成して会社に交付する。また対象者は質権登録請求をなすものとし、質権登録請求書を会社と連盟で作成して会社に交付する。対象者はその他質権の効力発生及び対抗要件具備に必要な協力をなすものとする。

 対象者は質権が設定された株式に掛かる配当金を受領することが出来る。
株式の分割による無償交付があった場合は、その株式にも質権が及ぶので、対象者はその株券につき前項と同様の手続きに協力する。
対象者は分割代金支払期限が到来したものにつき、会社に対しその元利金を支払い、元利金に対応する株式について質権を解除することを求めることが出来る。
対象者は分割代金支払期限が到来した元利金の支払いに代え、質権対象株式を売却して元利金を精算することを請求することが出来る。質権対象株式を売却することによる精算の場合、会社は元利金精算に必要な単位株式数につき質権を予め解除し、対象者がこの株式を売却して、元利金を精算する。元利金を精算するのに質権対象株式に含まれる単位株式が不足する場合は、対象者は会社に不足分を補充するのに必要な会社の定める金額を精算のために予め預託する。元利金の精算を担保するため、対象者は当社が指定する金融機関の普通預金口座に株式売却代金が振り込まれるようにし、且つ当社に対し元利金に相当する金額をその口座から払い出し、元利金を精算することを承諾する。これらの手続きのため、質権登録抹消請求書、株券返還請求書、株式の売却に必要な依頼書委任状、株式売却代金の口座振り込み依頼書、その口座からの払出請求書等必要書類を作成してこれらを全て当社に交付する。その他これらの手続きに必要な協力をなすものとする。

 元利金が精算された場合は、元利金を精算した売却金・預託金残額及び売却が不要であった元利金に対応する残株券を質権を解除の上対象者に交付する。
質権の解除は単位株式毎になすものとし、対象者は単位未満株について質権の解除、引渡、対象者が保有する単位未満株式の合算は要求できないものとする。但し、本プログラム及び来年以降の同種のプログラムにより購入し同じ管理方法を採ることになった株式又は当社が特別に同意した株式は除く。そのため対象者は元利金を精算するために必要な株式数が単位未満である場合は、精算を請求できず、元利金の支払いと引替に株券の質権解除を要求する場合も単位未満についてはできないものとする。なお、手続き上単位未満の処理が容易に可能なものについては当社の裁量で質権の解除、引渡しに応じることができる。その他、単位未満株式に関する処理方法は会社が定める。
- 12 -

(解除)
 対象者において次の各号の事由が発生した場合は、何等の通知催告なく本契約のうち会社が質権の対象として保管し
ている株券にかかる分を解除する。
最終分割金支払期限において、未払金がある場合。
対象者が SBを自己都合にて退職し、又は懲戒免職処分を受けた場合
 対象者が株券不所持の制度を利用している場合は、株券発効又は返還の請求権限を本プログラムにより会社に与えないものとする。対象者は会社が保管している場合は株券につき簡易の引渡しをなすことを本プログラムにおいて予め認め、原状回復のため直ちに名義を会社に移転する。
(繰上支払いの禁止)
 分割払いは会社の利益であることを確認し、対象者は一方的に期限の利益を放棄して分割払い金を繰り上げて支払うことはできない。
(承認事項)
 対象者は、会社が SBから対象者の貢献利益を算定するために必要な個人業績資料及び努力評価に必要な退職、懲戒、その他のあらゆる人事情報を取得することに予め同意する。
(地位譲渡の禁止等)
 対象者は本プログラム上の地位を第三者に譲渡、質入その他の処分することができない。
(相続人等)
 対象者において相続が開始した場合において、本売買契約上の地位は、遺産分割協議又は遺言により契約上の地位を相続した1名の者、または遺贈された単独の者に交付する。ただし受遺者がなく、相続人が1名の場合はその者に交付する。
(質権対象株式)
 1回分の分割元利金に対応する質権対象株式とは、その時点の質権対象株式を未精算支払回数で除したものをいう。
購入株式が単位未満株式になる場合は、当社及び他の対象者と共有になることを予め承認し、その管理の方法は会社が別途定めるものとする。
(SBからの独立)
 対象者は、本プログラムが当社の利益のために実行されるものであり、SBから何らの指示もしくは推薦も受けず独立のものであることを認識して参加するものとする。
(旧プログラムからの移行)
 MACが平成7年5月に実行したインセンティブ プログラムは、これを解消し本プログラムに移行するものとする。旧プログラムで未実行の貢献報償枠の株式数を2倍した SB株式(以下 移行分購入株式という)を本プログラムの購入株式に加える。従ってこの場合の移行分購入株式について、売買代金額は本プログラムによるものとし、分割払い方式その他全ての取り扱いも SBの第16期の貢献度合に応じて計算された購入株式と同様に本プログラムの規定に従うものとする。
なお、旧プログラムから移行する対象者は、移行分購入株式と SBの第16期の貢献度合に応じて計算される購入される株式との合計数を単位株式とするため、第4項の規定に拘わらず、貢献利益額を第3項の規定により定められた1株当りの売買代金で除した商に、移行分購入株式を加算した数につき単位未満の株式数を四捨五入した株式数を本プログラムの対象となる購入株式とする。
- 13 -




北海道から新鮮な海の幸を送料無料でお届けします
| 日記 |
Copyright (C) びくったちゃんの知っておいてね。. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。